支部便り 目次

令和6年1月18日更新

第7号へ
(2004年 4月)
第8号へ
(2004年 7月)
第9号へ
(2004年10月)
第10号へ
(2005年 1月)
第11号へ
(2005年 4月)
第12号へ
(2005年 7月)
第13号へ
(2005年10月)
第14号へ
(2006年 1月)
第15号へ
(2006年 4月)
第16号へ
(2006年 7月)
第17号へ
(2006年10月)
第18号へ
(2007年 1月)
第19号へ
(2007年 4月)
第20号へ
(2007年7月)
第21号へ
(2007年10月)
第22号へ
(2008年1月)
第23号へ
(2008年4月)
第24号へ
(2008年7月)
第25号へ
(2008年10月
第26号へ
(2009年1月
第27号へ
(2009年4月)
第28号へ
(2009年7月)
第29号へ
(2009年10月)
第30号
(2010年1月)
第31号へ
(2010年4月)
第32号へ
(2010年7月)
第33号へ
( 2010年10月)
第34号へ
(2011年 1月)
第35号へ
(2011年4月)
第36号へ
(2011年7月)
第37号へ
(2011年10月)
第38号へ
(2012年1月)
第39号へ
(2012年4月)
第40号へ
(2012年7月)
第41号へ
(2012年10月)
第42号へ
(2013年1月)

第43号へ
(2013年4月)
第44号へ
(2013年7月)
第45号へ
(2013年10月)
第46号へ
(2014年1月)
第47号へ
(2014年4月)
第48号へ
(2014年7月)
第49号へ
(2014年10月)
第50号へ
(2015年1月)
第51号へ
(2015年4月)
第52号へ
(2015年7月)
第53号へ
(2015年10月)
第54号へ
(2016年1月)
第55号へ
(2016年4月)
第56号へ
(2016年7月)
第57号へ
(2016年10月)
第58号へ
(2017年1月)
第59号へ
(2017年4月)
第60号へ
(2017年7月)
第61号へ
(2017年10月)
第62号へ
(2018年1月)
第63号へ
(2018年4月)
第64号へ
(2018年7月)
第65号へ
(2018年10月)
第66号へ
(2019年1月)
第67号へ
(2019年4月)
第68号へ
(2019年7月)
第69号へ
(2019年10月)
第70号へ
(2020年1月)
第71号へ
(2020年4月)
第72号へ
(2020年7月)
第73号へ
(2020年10月)
第74号へ
(2021年1月)
第75号へ
(2021年4月)
第76号へ
(2021年7月)
第77号へ
(2021年10月)
第78号へ
(2022年1月)
第79号へ
(2022年4月)
第80号へ
(2022年7月)
第81号へ
(2022年10月)
第82号へ
(2023年1月)
第83号へ
(2023年4月)
第84号へ
(2023年7月)
第85号へ
(2023年10月)
第86号へ
(2024年1月)





支部便り編集委員

支部便り配布不要の方の募集
 会員のボランティア運動による支部便りの配達は、多くの会員のご協力により、現在約700通(全体の約70%)に達しております。このことによって支部の経費(郵送費)削減に大きく貢献することができ、ここに配達を担当された皆様に対して厚く御礼申し上げます。
  この会員による配達の際に、「支部便りは社友茨のホームページで見ているので、わざわざ支部便りの配達はして頂かなくて結構ですよ」というご意見が、多数寄せられてきております。
  そこで、茨ネット、ならびに、本ホームページで支部便りの配達を不要という方を募集したところ、現在約100名の方から配達不要の連絡を承っております。
  今後も引き続き、支部便りの配達を不要という方を募集しますので、ご賛同いただける方は、下記までご連絡頂きたく、お願い申し上げます。
  皆様からの支部年会費の大部分は、支部便りの発行費用(印刷費、配達・郵送費など)となっておりますので、この配達不要の拡大は支部経費の削減に大きく貢献する事になります。

連絡先;支部事務局 支部便り担当 中村 浩三
Eメール:kozo@nakamura.email.ne.jp
電話番号;0294-72-1510

(トップに戻る)